レントゲンカンファレンス
ホーム > 第36回日本画像医学会 > レントゲンカンファレンス > レントゲンカンファレンス症例

レントゲンカンファレンス症例

症例4:50代 女性

【主訴】
腹痛
【既往歴】
うつ病、対人恐怖症
【現病歴】
20日前に開腹広汎子宮全摘術。術後経過良好で退院、5日前の定期受診時も特に異常を認めなかった。
強い腹痛を自覚したため受診。
【緊急CT依頼文】
20日前に広汎子宮全摘術(子宮頚癌UA期)。
昨夜、強い下腹部痛のため受診、入院を勧めるも本人の希望で帰宅。本日さらに強い腹痛を認め再受診。腹部全体に反跳痛を伴います。昨日、USで腹水を認め、内診にて腟断端からやや混濁したリンパ液漏出あり、排液しましたが症状改善せず。炎症反応高値で発熱もあります。focusの検索よろしくお願いいたします。
さきほど膀胱にバルーンを留置。
  -15days
(退院時)
-5days
(定期健診)
-1day CT当日
WBC 87 60 64 115
RBC 359 404 372 406
Hgb 9.4 10.3 9.6 10.5
Plt 42.8 42.0 27.3 25.0
CRP 0.5 0.1 1.6 22.8
TP 6.1 6.9 6.3 6.4
Alb 3.5 4.0 3.7 3.6
Cre 0.56 0.60 1.10 2.01
BUN 7 8 15 26
Na 141 144 140 133
K 4.1 4.2 4.1 4.5
Cl 107 107 105 98
Ca 8.5 9.2   8.5

※以下の画像をクリックすると拡大できます。
術前CT
緊急単純CT