レントゲンカンファレンス症例

Conference

レントゲンカンファレンス症例

症例1:0歳4ヶ月 男児

【主訴・現病歴】
在胎37週4日、2500g程度で出生。周産期に特に異常はなかった。 その後、出生した産婦人科医院にて、両側内斜視と眼球・顔面運動の異常が疑われたため、精査目的に受診した。
頭部CT、頭部MRIを施行した。
【血液検査所見】
特筆すべき異常なし。
  • T2強調画像
  • T2強調画像
  • T1強調画像
  • 拡散強調画像
    (b=1000 s/mm2
  • 3D-SSFP像
  • 3D-SSFP像
  • CT & MRI Sagittal
    T1強調画像

解答・解説へ