プログラム

Program

学術集会TOPプログラムシンポジウム
2020年2月14日(金)14:50~17:40第1会場

シンポジウム1、2 AI医療AI最前線:医療における人工知能によるイノベーション

司会
小林泰之
(聖マリアンナ医科大学医療情報処理技術応用研究分野)

1)病理診断領域における人工知能の可能性
吉澤明彦
(京都大学大学院医学研究科附属総合解剖センター)
2)画像診断領域におけるAI
橋本正弘
(慶應義塾大学放射線科学(診断))
3)世界に挑戦する日本の内視鏡AI
多田智裕
(ただともひろ胃腸科肛門科)
4)日本の眼科領域でのAI画像識別社会実装
田淵仁志
(ツカザキ病院眼科)
5)医療4.0
加藤浩晃
(デジタルハリウッド大学)
6)人工知能を育てよう~誰かの知能ではなく自分の知能にするために
瀬々 潤
(株式会社ヒューマノーム研究所)
2020年2月14日(金)9:00~10:20第2会場

シンポジウム3 頭頸部頸部リンパ節転移

司会
藤井誠志
(国立がん研究センター先端医療開発センター臨床腫瘍病理分野)
尾尻博也
(東京慈恵会医科大学放射線医学)

1)リンパ節転移と被膜外浸潤の超音波診断について
古川まどか
(神奈川県立がんセンター頭頸部外科)
2)CT・MRI診断について
山内英臣
(東京慈恵会医科大学放射線医学)
3)頭頸部癌の頸部リンパ節転移
藤井誠志
(国立がん研究センター先端医療開発センター臨床腫瘍病理分野)
2020年2月14日(金)10:30~11:50第2会場

シンポジウム4 頭頸部頭蓋底病変

司会
大村和弘
(東京慈恵会医科大学附属病院耳鼻咽喉科/獨協医科大学埼玉医療センター耳鼻咽喉科)
豊田圭子
(東京慈恵会医科大学第三病院放射線科)

1)前頭蓋底悪性腫瘍に対する経鼻内視鏡下前頭蓋底切除術-画像診断医と病理医とのone teamの実際-
大村和弘
(東京慈恵会医科大学附属病院耳鼻咽喉科/獨協医科大学埼玉医療センター耳鼻咽喉科)
2)頭蓋底病変の病理
深澤 寧
(東京慈恵会医科大学病理学)
3)頭蓋底病変の画像診断
浮洲龍太郎
(北里大学放射線科学画像診断学)
2020年2月14日(金)13:10~14:30第2会場

シンポジウム5 中枢神経認知症

司会
工藤與亮
(北海道大学画像診断学)
吉田眞理
(愛知医科大学加齢医学研究所)

1)認知症の神経病理
吉田眞理
(愛知医科大学加齢医学研究所)
2)アルツハイマー型認知症の臨床症状-神経ネットワークと神経症候-
松川則之
(名古屋市立大学神経内科)
3)時間軸も意識した変性性認知症の画像診断
櫻井圭太
(帝京大学放射線科学)
2020年2月14日(金)14:50~16:10第2会場

シンポジウム6 中枢神経脳腫瘍

司会
石藏礼一
(神戸市立医療センター中央市民病院放射線科診断科)
木下 学
(大阪大学脳神経外科)

1)脳腫瘍の病理
伊古田勇人
(群馬大学医学部附属病院病理部・病理診断科)
2)悪性神経膠腫の「増悪」判定の意味するものとは?
木下 学
(大阪大学脳神経外科)
3)脳腫瘍の画像診断:最近の話題
平井俊範
(宮崎大学放射線医学分野)
2020年2月14日(金)9:00~10:20第3会場

シンポジウム7 骨軟部原発性骨軟部悪性腫瘍の脱分化について

司会
秋山 達
(自治医科大学附属さいたま医療センター整形外科)
筑紫 聡
(愛知県がんセンター中央病院サルコーマセンター)

1)原発性骨軟部腫瘍の脱分化-臨床的視点から
小林 寛
(東京大学医学部附属病院整形外科)
2)脱分化腫瘍の画像診断-画像で全体像を把握する重要性-
植野映子
(がん研究会有明病院画像診断部)
3)肉腫の脱分化・異所性分化とH3K27me3消失
牧瀬尚大
(東京大学人体病理学)
2020年2月14日(金)10:30~11:50第3会場

シンポジウム8 骨軟部高分化型脂肪肉腫の時間軸

司会
土屋弘行
(金沢大学整形外科)
蒲田敏文
(金沢大学放射線医学)

1)高分化型脂肪肉腫治療の時間軸と課題
山本憲男
(金沢大学先進運動器医療創成)
2)脂肪肉腫の画像所見と病理所見の対比-組織型・病期による変化に着目して
宮崎龍彦
(岐阜大学医学部附属病院病理部)
3)脂肪肉腫の画像診断
 青木隆敏
(産業医科大学放射線科)
2020年2月14日(金)13:10~14:30第3会場

シンポジウム9 消化器胆道癌とその類似疾患

司会
五島 聡
(浜松医科大学放射線診断学・核医学)
板倉淳哉
(倉敷中央病院病理診断科)

1)胆道疾患の画像診断-前癌病変(IPNB)や類似(炎症性)疾患のCT・MR画像を中心に-
戸島史仁
(金沢大学附属病院放射線科)
2)胆管癌と硬化性胆管炎との鑑別における内視鏡検査の役割
伊藤 潤
(浜松医科大学医学部附属病院肝臓内科)
3)臨床・画像的に胆管癌と鑑別を要する疾患の病理
板倉淳哉
(倉敷中央病院病理診断科)
2020年2月14日(金)14:50~16:10第3会場

シンポジウム10 消化器IgG4関連膵炎(自己免疫性膵炎Ⅰ型)の経過

司会
吉満研吾
(福岡大学放射線医学)
能登原憲司
(倉敷中央病院病理診断科)

1)病理から見たⅠ型自己免疫性膵炎の経過
能登原憲司
(倉敷中央病院病理診断科)
2)IgG4関連膵炎(自己免疫性膵炎Ⅰ型)の経過
井上 大
(金沢大学附属病院放射線科)
3)Ⅰ型自己免疫性膵炎の長期成績-ステロイド非投与例について-
植木敏晴
(福岡大学筑紫病院消化器内科)
2020年2月14日(金)9:00~10:20第4会場

シンポジウム11 乳腺乳癌術前薬物療法の効果判定

司会
五味直哉
(がん研究会有明病院画像診断部)
菊池真理
(がん研究会有明病院画像診断部)

1)乳がん術前化学療法の効果判定について腫瘍内科医として考える
深田一平
(がん研究会有明病院乳腺センター乳腺内科、ゲノム診療部)
2)乳癌術前薬物療法の効果判定:画像診断医の立場から
菊池真理
(がん研究会有明病院画像診断部)
3)乳癌術前薬物療法の効果判定:病理医の立場から
大迫 智
(がん研究会がん研究所病理部)

※症例検討:五味直哉、深田一平、大迫 智、菊池真理

2020年2月14日(金)10:30~11:50第4会場

シンポジウム12 小児小児虫垂炎とその鑑別疾患の臨床・画像・病理

司会
野坂俊介
(国立成育医療研究センター放射線診療部)

1)臨床
古田繁行
(聖マリアンナ医科大学小児外科)
2)画像:単純X線写真/超音波検査
野坂俊介
(国立成育医療研究センター放射線診療部)
3)小児虫垂炎:画像
藤川あつ子
(聖マリアンナ医科大学放射線医学)
4)病理
古田繁行
(聖マリアンナ医科大学小児外科)
2020年2月14日(金)13:10~14:30第4会場

シンポジウム13 婦人科子宮筋腫

司会
清川貴子
(東京慈恵会医科大学病理学・附属病院病院病理部)
木戸 晶
(京都大学医学部附属病院放射線診断科)

1)画像
木戸 晶
(京都大学医学部附属病院放射線診断科)
2)子宮平滑筋腫の病理所見とその鑑別
清川貴子
(東京慈恵会医科大学病理学・附属病院病院病理部)
機構認定、学会単位/産婦人科学会
2020年2月14日(金)9:00~10:20第5会場

シンポジウム14 呼吸器喀血をきたすNTMと肺アスペルギルス症の病態と治療:up to date

司会
仲村秀俊
(埼玉医科大学呼吸器内科)
黒﨑敦子
(複十字病院放射線診断科)

1)内科的側面から
白畑 亨
(埼玉医科大学呼吸器内科)
2)難治性喀血(NTM/肺アスペルギルス病)に対するIVR血管塞栓術
長谷部光泉
(東海大学画像診断学/東海大学医学部付属八王子病院画像診断科)
3)喀血を来す非結核性抗酸菌病と肺アスペルギルス症の病理
林 雄一郎
(慶應義塾大学病院病理診断科)
2020年2月14日(金)10:30~11:50第5会場

シンポジウム15 呼吸器石綿関連疾患の現状と患者救済

司会
三浦溥太郎
(横須賀市立うわまち病院呼吸器内科)
岡 輝明
(複十字病院病理診断部)

1)臨床
長谷川 学・三山江穂
(環境省石綿健康被害対策室)
2)石綿関連-画像-
加藤勝也
(川崎医科大学放射線科)
3)石綿関連疾患の形態学
岡 輝明
(複十字病院病理診断部)
2020年2月14日(金)13:10~14:30第5会場

シンポジウム16 呼吸器肺癌検診及び診断の現状と今後の課題:X線、CT、PET、AIを含めて

司会
金澤 實
(河北健診クリニック)
梁川雅弘
(大阪大学放射線医学)

1)免疫チェックポイント阻害剤の治療効果をできるだけ早く評価するには-FDG‐PETの可能性を肺癌の立場から検証-
解良恭一
(埼玉医科大学国際医療センター呼吸器内科)
2)肺癌診断の最前線:CT、AI 診断とマネジメント
梁川雅弘
(大阪大学放射線医学)
3)肺癌検診及び診断の現状と今後の課題:病理
南 優子
(国立病院機構茨城東病院胸部疾患・療育医療センター病理診断科)
2020年2月15日(土)9:00~10:20第2会場

シンポジウム17 中枢神経脳神経炎症性疾患の診断:時間軸も考慮して

司会
掛田伸吾
(弘前大学放射線診断学)
豊島靖子
(脳神経センター阿賀野病院脳神経内科)

1)炎症性中枢神経疾患の臨床診断:発症様式からのアプローチ
岡田和将
(産業医科大学脳神経内科)
2)中枢神経系の炎症性疾患の画像所見と経過
対馬史泰
(弘前大学放射線診断科)
3)病理像から見える経過
豊島靖子
(脳神経センター阿賀野病院病脳神経内科)
2020年2月15日(土)10:30~11:50第2会場

シンポジウム18 中枢神経頭部外傷の基礎から最近の話題

司会
髙木 亮
(日本大学放射線医学)
西田尚樹
(富山大学法医学)

1)頭部外傷診療における現状と課題
吉矢和久
(関西医科大学総合医療センター救急医学科)
2)頭部外傷の病理
西田尚樹
(富山大学法医学)
3)画像診断
渡邉嘉之
(滋賀医科大学放射線医学)
2020年2月15日(土)13:10~14:30第2会場

シンポジウム19 中枢神経脳動脈瘤の破裂リスクをめぐって

司会
土屋一洋
(埼玉医科大学総合医療センター放射線科)
秋元治朗
(東京医科大学脳神経外科)

1)CRPT診断を未破裂脳動脈瘤に対するclinical judgmentにどのように組み込むか
大宅宗一
(埼玉医科大学総合医療センター脳神経外科)
2)脳動脈瘤の画像診断
木下俊文
(秋田県立循環器・脳脊髄センター放射線科)
3)頭蓋内嚢状動脈瘤の破裂機序:176手術例の病理組織学的検討
宮田 元
(秋田県立循環器・脳脊髄センター 研究所脳血管研究センター脳神経病理学研究部)
2020年2月15日(土)14:50~16:10第2会場

シンポジウム20 中枢神経最先端MRI

司会
森 墾
(東京大学放射線医学)

1)ヒト用超高磁場7テスラMR計測の現状と展望
岡田知久
(京都大学大学院脳機能総合医療センター)
2)MR fingerprintingとは?:定量画像への新たなアプローチ
田岡俊昭
(名古屋大学大学院革新的生体可視化技術開発産学協同研究)
2020年2月15日(土)9:00~10:20第3会場

シンポジウム21 消化器肝細胞癌に対する放射線治療および治療後の画像および病理的知見

司会
伊藤芳紀
(昭和大学放射線治療学)
岡田真広
(日本大学放射線診断学)

1)肝細胞癌に対する体幹部定位放射線治療(SBRT)-新たな早期肝細胞癌への根治治療-
武田篤也
(大船中央病院放射線治療センター)
2)造影超音波による体幹部定位放射線の完全壊死例と残存例の鑑別
沼田和司
(横浜市立大学附属市民総合医療センター・消化器病センター)
3)照射後の経時的肝組織の検討で判明した放射線の複合病変
中野雅行
(東京セントラルパソロジーラボラトリ)
2020年2月15日(土)10:30~11:50第3会場

シンポジウム22 消化管小腸腫瘍性疾患

司会
早川克己
(京都第一赤十字病院放射線診断科)
上田浩之
(神戸市立医療センター中央市民病院放射線診断科

1)小腸内視鏡を用いた小腸腫瘍の診断と治療
辻川知之
(滋賀医科大学総合内科学)
2)空腸と回腸に発生する腫腸の病理
岸本光夫
(京都府立医科大学人体病理学)
3)小腸悪性腫瘍の画像診断:CTを中心に
竹山信之
(昭和大学藤が丘病院放射線科)
2020年2月15日(土)13:10~14:30第3会場

シンポジウム23 救急消化管救急

司会
船曵知弘
(済生会横浜市東部病院救命救急センター)
細江直樹
(慶應義塾大学内視鏡センター)

1)下部消化管出血の診断・治療戦略と術前CTの活用法
妹尾聡美
(済生会横浜市東部病院救命救急センター)
2)下部消化管出血の治療戦略-緊急内視鏡的止血術の現状-
髙林 馨
(慶應義塾大学内視鏡センター)
3)下部消化管出血の治療戦略-IPM/CSを用いたIVR-
樫見文枝
(北里大学救命救急医学)
2020年2月15日(土)14:50~16:10第3会場

シンポジウム24 口腔今さら聞けない最新の薬剤関連顎骨壊死(MRONJ, BRONJ)のすべて:画像診断、病理、基本的な対応と治療

司会
池田耕士
(東京慈恵会医科大学放射線医学)
金田 隆
(日本大学松戸歯学部放射線学)

1)薬剤関連顎骨壊死(MRONJ、BRONJ)の画像診断
川島雄介
(鹿児島大学病院放射線診療センター顎顔面放射線科)
2)骨代謝の病理学的検討と顎骨の炎症・腐骨
松坂賢一
(東京歯科大学臨床検査病理学)
3)薬剤関連顎骨壊死の予防と治療の実際
柴原孝彦
(東京歯科大学口腔顎顔面外科学)
2020年2月15日(土)9:00~10:20第4会場

シンポジウム25 泌尿器時間軸を意識した前立腺癌診療:いつ評価すれば何がわかるか?:現状と課題

司会
釜井隆男
(獨協医科大学泌尿器科学)
楫  靖
(獨協医科大学放射線医学)

1)前立腺癌診療における分岐点と画像診断
釜井隆男
(獨協医科大学泌尿器科学)
2)時間軸を意識した前立腺癌診療:病理の立場から
都築豊徳
(愛知医科大学病院病理診断科)
3)多種モダリティ融合画像を用いた前立腺癌の治療経過観察について
堀越浩幸
(群馬県立がんセンター放射線診断部)
2020年2月15日(土)13:10~14:30第4会場

シンポジウム26 循環器心アミロイドーシスの臨床・画像・病理

司会
諸井雅男
(東邦大学循環器内科学分野(大橋))
今中恭子
(三重大学修復再生病理学)

1)トランスサイレチン型心アミロイドーシスの診断のポイント
高潮征爾
(熊本大学病院循環器内科)
2)心アミロイドーシスの画像-ATTR wild-typeを中心に-
北川覚也
(三重大学放射線医学)
3)心アミロイドーシスの病理像
宇都健太
(東京女子医科大学病理学(実験病理学分野))
2020年2月15日(土)14:50~16:10第4会場

シンポジウム27 循環器大型血管炎の臨床・病理・画像

司会
諸井雅男
(東邦大学循環器内科学分野(大橋))
高瀬 圭
(東北大学放射線診断学)

1)大型血管炎の診断と治療のup to date
中岡良和
(国立循環器病研究センター研究所血管生理学部)
2)大型血管炎の画像診断
南本亮吾
(国立国際医療研究センター放射線核医学科)
3)大型血管炎の病理
髙橋 啓
(東邦大学医療センター大橋病院病理診断科)
2020年2月15日(土)9:00~11:00第5会場

シンポジウム28 呼吸器強皮症に伴う間質性肺炎

司会
山川英晃
(さいたま赤十字病院呼吸器内科)
江頭玲子
(佐賀大学放射線科)

1)臨床:呼吸器内科
山野泰彦
(公立陶生病院呼吸器アレルギー疾患内科)
2)強皮症に伴う間質性肺炎について:膠原病の立場から
山崎宜興
(聖マリアンナ医科大学リウマチ・膠原病・アレルギー内科)
3)画像
上甲 剛
(関西労災病院放射線診断科)
4)強皮症に伴う肺病変の病理
田中伴典
(神戸大学病院病理部、病理診断科)
2020年2月15日(土)11:10~11:50、13:10~14:30第5会場

シンポジウム29、30間質性肺炎のCRPT症例検討会1、2

司会
澄川裕充
(堺市立総合医療センター放射線診断科)
寺﨑泰弘
(日本医科大学解析人体病理学)

1)臨床の立場から
小倉高志
(神奈川県立循環器呼吸器病センター呼吸器内科)
2)肺既存構造と間質性肺炎の画像診断
伊藤春海
(福井大学)
3)肺小葉・細葉隔壁と間質性肺炎
武村民子
(神奈川県立循環器呼吸器病センター病理診断科)
2020年2月15日(土)14:50~16:10第5会場

シンポジウム31 呼吸器クライオバイオプシーによる間質性肺炎の診断

司会
小倉高志
(神奈川県立循環器呼吸器病センター呼吸器内科)
奥寺康司
(横浜市立大学病態病理学)

1)びまん性肺疾患に対するクライオバイオプシーの現状と問題点
馬場智尚・丹羽 崇
(神奈川県立循環器呼吸器病センター呼吸器内科)
2)クライオバイオプシーによる間質性肺炎の診断
岩澤多恵
(神奈川県立循環器呼吸器病センター放射線科)
3)びまん性肺疾患の病理診断におけるクライオ生検の現状
松村舞依
(横浜市立大学病態病理学)